2019年3月26日、.eeドメインをオークションで購入することができるようになります

エストニア時間で2019年3月26日(火曜日)の夜に、Estonian Internet SA(EIS)がドメインオークション環境を立ち上げ、期限切れの.eeドメインがオークションになることになります。 全国のトップレベルドメイン登録機関がオークションを通じてドメインを購入する機会を提供したのはJPドメイン以外では今回が初めてです。

環境は2018年前半にすでに完成しているはずでしたが、多くの状況でその完成は遅れています。

ドメイン価格が非常に高くなる可能性があるという理論的な可能性にもかかわらず、EISの広報担当責任者、Maarja Kirtsiは、現在のところ基盤が理想的な金額になっているとは考えていません。

■オークション環境の完成が遅れた理由
Kirtsiによると、オークションの開発は大規模な調達から始まりました。

さまざまな環境の開発中に、バックエンドはオークション内で内部的に開発されることになりました。広報担当者によれば、環境の完成をやや延長することができます。

オークション環境はエンドカスタマーを対象としており、IDカードとモバイルIDを介してアクセスできます。前述のツールにアクセスできない外国人によっても使用される可能性があるため、そこにユーザーアカウントを作成することもできます。

オークションで落札すると、請求書が発行され、その後、固有のコードを勝者に送って登録機関でドメインを購入することができます。

ブラインドオークションは登録期間の終了後に開始し、24時間続きます。この間、そうしたい人は誰でもドメイン登録に入札することができます。

ブラインドオークションの場合、参加者は、他の誰かがオークションに参加しているかどうか、および提供された金額を確認しません。最高入札の勝者が勝者と宣言されます。

ドメインオークションについての最初の考えはすでに2016年にあり、サービスの開始時に構造に大きな変更はありませんでした。

■EIS:私たちはユートピアの額を稼ぐつもりはありません
Kirtsiは、レジストラが新しいソリューションの準備ができているかどうかを判断することはできませんが、包括的な方法で協力し合って、オークション環境の到来について知らせ、プロセスに常に関与してきました。

Kirtsiによると、彼らはこの点で彼らが環境に輸出することができるという直接的な考えを持っていません、しかし国家登録機関が助言を求めるならば、彼らはそれを与える準備ができています。 既存のソリューションは非常に具体的なものであるため、数回のマウスクリックで組み込みソリューションをエクスポートできる可能性はありません。

一般的なトップレベルドメイン登録事業者の経験に基づいて、Kirtsiは.eeブラインドオークションで価格が上昇するとは考えていません。 これの主な理由は、時代遅れのドメインが一般的にもはや必要とされないものであるということです。

EISは自立的な財団であるという事実のために、稼いだ収入は財団の手元に直接行きます。

通訳:NE.JE
記事引用元:DigiPRO

Järgmisest nädalast saab .ee domeene oksjonilt osta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です